イベント情報・Topics

ついたちまんじゅうを販売します

参加9店舗の個性豊かなおまんじゅうが勢ぞろい。
今年の夏に収穫したばかりの埼玉県産の新麦「あやひかり」を100%使用し、「『新麦』ついたちまんじゅう」として販売します。(本イベント販売に先立ち岩槻久伊豆神社にて、おまんじゅうを召し上がる皆様の無病息災を願い、新麦の穂をご祈祷いただきました)
1度に9店舗の味を楽しめる貴重な機会となります。どうぞお立ち寄りください。

【参加店舗】
足立屋(浦和区仲町)花月庵つくば(緑区原山)菓匠花見(浦和区高砂)松月堂(浦和区本太)和生菓子豆の木(北区日進町)大こくや(中央区本町東)磯崎家宗庵(岩槻区本丸)秋月(岩槻区愛宕町)藤宮製菓(岩槻区本町)(順不同)

【ついたちまんじゅうとは】
昭和30年頃まで、さいたま市を含む県内の多くの地域で7月1日、その年にとれた小 麦でまんじゅうを作って神棚や仏壇に供え、親類など近所にも配る風習がありました。 「ついたちまんじゅう」あるいは「新まんじゅう」と呼ばれ、多くの家で炭酸まんじゅうや酒まんじゅうを作っていました。

フォトギャラリー

 

イベント情報詳細

日時
2016年9月1日(木) 10:30~18:00(※売り切れ次第終了)
場所
JR大宮駅コンコース
主催
ついたちまんじゅうの会
ページ上部へ