店舗情報

(株)酒井甚四郎商店

明治元年、初代酒井甚四郎は現在の場所で事業を興しました。あるとき仕入先の酒問屋から「奈良漬を作って売ってみてはどうか」と酒粕をゆずり受けました。以来研究を続け、ついに製法を完成させます。

その情熱は受け継がれ、「浦和漬」「きざみ奈良漬」「野菜香辛曲」と、代替わりするごとに新商品を開発してきました。当店は、ビルが立ち並び、車が行きかう通りに面しています。店内に入ると、すぐに漬物のにおいがしてきます。

店舗基本情報

事業所名
(株)酒井甚四郎商店
所在地
さいたま市浦和区仲町2-4-23
交通アクセス
JR浦和駅西口より徒歩8分
県庁通りを直進し、旧中山道を右折、約300m左側にございます。
営業時間
9:00~18:30
定休日
水曜(7月,12月は無休)
電話番号
048-822-2110
FAX
048-824-3800
駐車場
なし(パインズホテルの駐車場をご利用いただき、駐車券をお持ちください。)
受賞歴
さいたま市伝統産業指定証 指定第80号 平成20年9月8日 ほか
さいたま市内の他の支店
伊勢丹浦和店、大丸浦和パルコ店、そごう大宮店、大宮高島屋、イオン北浦和店と北戸田店にて商品を購入できます。

おすすめ商品

奈良漬
「浦和の名産といえば酒井の奈良漬」いつしか、こう呼ばれるようになりました。厳選した野菜と、造り酒屋から直接仕入れた吟醸粕をブレンド。添加物は、一切使っておりません。
浦和漬
奈良漬の新作として、三代目が開発しました。
昭和天皇が埼玉県に行幸したときに、天覧したこともあります。それ以来食卓の花形として、お茶うけにと、息の長い人気商品です。
ページ上部へ
ページ上部へ