大宮盆栽だー!!

「大宮盆栽だー!!」誕生ストーリー

「地サイダー」開発はこうして始まりました。

平成22年3月28日、さいたま市北区盆栽町に『さいたま市大宮盆栽美術館』がオープンしました。
さいたま商工会議所のサポートを受け、付近の5商店会の会長さんたちがオープンイベントを企画・実施。 賑やかな美術館のオープンとなりました。

自分の商売も忙しい中、こうして美術館のオープンを盛り上げた会長さんたち。
「この活動だけではもったいない。今度は盆栽美術館のオープン1周年に向けて、何かできないかな。」と「次」を考えている時のこと。
ある会長さんが、たまたま旅行先で「地サイダー」に出会いました。
流行のご当地サイダー。わが街自慢の「盆栽」と「サイダー」、かけたらおもしろいのではない?!「ボンサイダー、なんて。」「おもしろい!」

ご当地サイダーを開発するということ

ご当地サイダーを開発すべく始まったプロジェクト。
さいたま商工会議所のサポートを受け、平成22年度さいたま市ブランド構築戦略提案型モデル事業に応募しました。難関をくぐりぬけ企画が採用され開発が始まりました。

サイダーの開発という大きな事業。そこで、大宮盆栽美術館周辺の5つの商店会の会長さんたちで作 る合同事業委員会のメンバーに加え、大宮盆栽美術館、すでにオリジナルサイダーの製造を手がけている「さいたま市テクニカルブランド認証企業」の株式会社 ハーベス、プロモーションを担う有限会社E-スタヂオが協力企業として加わり、商店会・行政・企業の協働による開発チームが結成されました。

「大宮盆栽だー!!」は長く愛される飽きのこないサイダーを目指し、「サイダーを通して地域特性をどのように伝えるか」といった視点で開発・製造を行いました。

「大宮盆栽だー!!」この味の理由

「味」を考えるうえではいろいろな意見がでました。
「松は英語でpine(パイン)だからパイナップル味」
「盆栽のイメージは緑。抹茶を加える?」
「松ポリフェノール入りの健康サイダーはどうですかね。」
というように最初は「味を加える」方向で考えていましたが、
「いいのか。いろいろ混ぜちゃって。」という一言で流れが変わりました。
「サイダーの良さって、あの透明感やシュワシュワっとした爽やかさじゃない。」
そこから、ご当地サイダーを通して伝えたいことはなんだろうと考えました。
盆栽村には、四季の美しさ、みどりの風、澄んだ空気、美しい水があります。
「盆栽」を守り育てているこの土地の文化や伝統。四季や見る人の心により変化する盆栽を見立てる楽しみ。それらをサイダーで表現したい。

そうして「素朴さを残した、美しく透明な辛口天然サイダー」を作ることになりました。
それが「盆栽の松の葉をイメージしたチクチクするような炭酸強めで甘さ控えめ、すっきりした大人の味」のサイダーです。

手をかけて盆栽を育てるように「大宮盆栽だー!!」を愛し、自分流を楽しんでいただきたい。
そのまますっきり飲むのも良し、お酒や果汁とブレンドして自分流の飲み方を作るのも良し。
こうして、「見立て」の楽しさをも味わっていただくために、甘さを控え、サイダーならではの香りも最小限にしたそんなサイダーが誕生しました。

「大宮盆栽だー!!」このネーミングの理由

ヨーロッパ野菜

プロジェクトの開始から、当たり前のように皆が「ボンサイダー」という言葉を使い、会議資料にはずっと「盆サイダー」と書かれていました。

しかし、正式に名称を決める段階で「“盆サイダー”では盆栽を表現するサイダーだということが伝わらない。」「盆栽という言葉は外せない。」そのような意見が多数を占め、決まったのが『大宮盆栽だー!!』という名前です。ちなみに、最後につく「!!」は、ノリです。

こうして「松の葉をイメージしたチクチクするような炭酸強めで甘さ控えめ、すっきりした大人の味」の「大宮盆栽だー!!」が誕生しました。

ページ上部へ

「大宮盆栽だー!!」関連商品

『さいボール』

発売から好調な売れ行きとなった「大宮盆栽だー!!」の新たな楽しみ方として『さいボール』というご当地カクテルが生まれました。 『さいボール』とは、さいたま市の地酒を「大宮盆栽だー!!」で割ったカクテルで、さいたま→「さい」+「たま( 球ボール)」→『さいボール』という洒落と、「ハイボール」の言葉の響きを掛け合わせて命名されたものです。

『オレンジさいボール』

ヨーロッパ野菜 「大宮盆栽だー!!」発祥の地であるご当地大宮の地域活性化をめざし 「オレンジさいボール」を開発しました。

「オレンジさいボール」は、サッカーチーム「大宮アルディージャ」を“勝手に”応援するカ クテルとして、盆栽だー!!サポーターズクラブが企画。大宮西口のBar「hang o`Bar」村田未来夫さんのご協力のもとレシピを作成。地元大宮の飲食店等の協力を得て販売しています。

ページ上部へ

『大宮盆栽だー!!大宮共闘ラベル』

ヨーロッパ野菜

「大宮盆栽だー!!」の発売当初から大宮アルディージャには地域密着の方針のもと、ご支援やご協力をいただいています。

アルディージャは『大宮共闘』の スローガンをたて昨年のJ1残留、今期の首位躍進、そしてJ1連続無敗記録の達成とファン・サポーターのみならず地元の関係者にとっても大変誇らしく、喜ばしい頑張りを続けています。

今までの支援に感謝するとともに輝かしい記録達成と一層の躍進を期待してスローガンの『大宮共闘』をラベルに謳った「大宮盆栽だー!!大宮共闘ラベル」を7955本限定発売致します。(7955本:NACK5GO!!)

ページ上部へ

「大宮盆栽だー!!」に関するお問い合わせ

新規お取扱に関するお問合せ

株式会社アライ
TEL:048-227-0711
Mail:info@arainet.co.jp

商品に関するお問合せ

株式会社ハーベスKS
TEL:048-830-0011

宣伝・広報活動に関するお問合せ

有限会社E-スタヂオ
TEL:048-799-2435
Mail:toiawase@e-sta.biz

販売者

株式会社ハーベス
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-21-14
TEL 048-830-0011

協力機関

さいたま市 さいたま商工会議所

協力企業

株式会社セカイタカ酒販 
株式会社アライ 
有限会社E-スタヂオ

企画元

盆栽美術館周辺商店会合同事業委員会

ページ上部へ
ページ上部へ