浦和のうなぎ

浦和のうなぎ

江戸時代、浦和近郊は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わっていました。
その行楽の人々に沼地でとれたうなぎを出したのが始まりで、味の良いことが評判になり、中山道を行き来する人たちがわざわざ足を運んだということです。
大正時代の半ばになって、開発のために地場のうなぎはいなくなってしまいましたが、うなぎの蒲焼という二百年来の伝統の味は、しっかりと受け継がれています。
毎年5月に開催されるイベント、「さいたま市浦和うなぎまつり」は毎年多くの人が訪れます。

「浦和のうなぎ」提供店舗一覧

うなぎ はす沼

注文をうけてから焼き上げる極上ふわふわウナギに舌鼓 地元の人…続きを読む

うなぎ 幸楽園

昭和5年創業。1日領ヶ谷城址に、閑静なたたずまいを見せて広が…続きを読む

小島屋

上谷沼を一望できるロケーションで伝統あるうなぎをご賞味いただ…続きを読む

山崎屋

なぜ浦和のうなぎが有名なのか? 山崎屋の始まりは江戸時代、そ…続きを読む

中村家

浦和駅西口の県庁通り沿い、埼玉会館の向いに建つ店 。初 代・…続きを読む

ページ上部へ