紅赤(金時いも)

「紅赤(金時いも)」の特徴

紅赤(べにあか)は、「金時いも」とも呼ばれ、皮色が紫紅色であざやか、形は長紡錘形で外観が美しく「さつまいもの女王」とよばれています。 肉質は黄色で粉質、口当たりや味が良く、「きんとん」や「あん」の材料として珍重されています。 しかし、植付け適期が短く、肥料や土質への適応力や病害虫抵抗性が低いうえ貯蔵性が悪いため、農家としては栽培がしにくい品種です。 さいたま市内では、生産者でつくる団体である「さいたま市紅赤研究会」を中心に栽培されています。

ページ上部へ

幻のサツマイモって?

ヨーロッパ野菜

戦争時、収穫量が少なく作りにくい紅赤は、時勢に合わず激減の一歩をたどりました。
戦後、紅赤の復活が期待されましたが、より有利の野菜が次々に登場し、生産する農家はほとんど現れませんでした。
その後、作りやすく収穫量の多い「紅あずま」が開発され、いつしか「幻のサツマイモ」になってしまいました。
しかし、どこか懐かしい旨味と食感が好まれ、現在でも息づいています。

ページ上部へ

いつ頃、誰が発見したの?

ヨーロッパ野菜1898年(明治31年)、現在のさいたま市浦和区(旧木崎村)農家の「山田いち」さんに発見されました。
当時とても甘いイモとして人気を博し、高く売れるので、作る人にも食べる人にも喜ばれるさつまいもの女王ともいえる存在でした。
大正時代から昭和のはじめにかけて、埼玉県内のサツマイモの作付面積のうち約9割が紅赤となるほどでした。
その後も数々の品種が開発されていますが、現在も生き残る根強い品種です。

ページ上部へ

誰が「紅赤」と名付けたの?

ふかすと一段と輝く美しい紅色が特徴の「紅赤」。この美しい名は、当時、近所に住む山田いちさんの甥の吉岡三喜蔵さんが名付けたそうです。三喜蔵さんは紅赤の普及にも尽力しました。

ページ上部へ

「紅赤」を使ったお菓子

さいたま市産の紅赤を使用した「紅赤お菓子」が販売されています。

紅赤は、発見から100年以上も生き続けている希少で貴重な品種であり、さいたま市発祥のさつまいもでもあることから、平成20年度より市内の生産者と商工業者が協力して、紅赤を使った商品開発に取り組んできました。
さいたま市内のお菓子店の協力をいただき、紅赤を使ったお菓子を作成し、本格的に販売しています。希少な「紅赤」を贅沢に使った、お店こだわりの期間限定お菓子、是非ご賞味下さい。

松月堂

招きうさぎ
招きうさぎ写真
浦和が一番
浦和が一番写真

足立屋

紅赤プリン
紅赤プリン写真

ラ・リーヴ 内野本郷店、宮原店

おいもさんど
おいもさんど写真

彩菓庵おおき そごう大宮店

蜜芋ポテト
蜜芋ポテト写真
おさつプリン
おさつプリン写真

御菓子司 小川屋

紅赤お芋パイ
紅赤お芋パイ芋写真
芋ようかん
おさつプリン写真

パティスリー スプランディード

ヌゥクッキー
パティスリー スプランディード
ページ上部へ

「紅赤(金時いも)」を使った加工品が買えるお店

※お菓子は紅赤が収穫できる時期の限定販売なので、ご注意ください。

(株)松澤屋

当社窓口にて販売をしております。ギフトも承ります。地方発送等…続きを読む

御菓子司 小川屋

明治36年創業。「田舎饅頭」を看板商品とし、一つ一つ手作り、…続きを読む

松月堂

原材料は国内産のみ使用しておりますが、小麦粉は埼玉県産、柚子…続きを読む

御菓子司 足立屋

創業明治37年の足立屋は、地域の方から愛される和菓子屋です。…続きを読む

彩菓庵おおき そごう大宮店

特に芋菓子の種類が豊富で、さいたま市産の「紅赤」など素材にこ…続きを読む

ラ・リーヴ 内野本郷店

店内には、賞を受賞したという、飴細工の豪華な作品がディスプレ…続きを読む

ページ上部へ